火災保険における対象と補償内容とは

Pocket

火災保険の対象は建物と動産

火災保険は簡単に言いますと、自動車保険で自動車が壊れた時に担う保障と同じことです。
では、火災保険は大きなくくりですが実際にはどのようなものが対象になるのでしょうか。
対象となるものは、ビルやマンション、一戸建てといった建物とその中にある家具などの動産が対象となります。
火災保険ではこれらを総称して保険の対象と呼んでいます。
自動車保険と違うところは、建物や動産といった対象物によって加入する対象が違います。
例えば、火災が起きて実際に受け取れる対象は建物が受けた被害の分だけです。
この場合は保険金を受け取ることは不可なので被害の補償を受けるにあたって申し込みをしなければいけないです。
では火災保険の補償とばかりいってきましたが実際にはどのようなものがあるのでしょうか。

火災保険の保障内容は火災による被害だけではない?

火災保険なので補償内容面では火災しか保証は聞かないのかと言われればそうでは無いです。
例えば、雷によって電化製品が破損してしまった場合による落雷、台風で瓦が飛んで行ってしまった場合による風災、洪水などによる水害、また災害以外で窓を割られて空き巣に入られてしまったなど場合盗難などの日常生活における被害も例外では無いです。
これらを全て総称して火災保険と呼ばれます。

ページ上部へ戻る