対象外になるケースなど、補償内容を確認することが自動車保険では重要

Pocket

保障内容をしっかりと確認することが大切

自動車保険は加入しているだけで安心、というわけではありません。
補償内容をしっかりと理解しておかなければ、いざという時に補償されると思っていた損害が補償されないということにもなりかねません。
対象外になるケースなどもありますので注意が必要です。
自動車保険は基本的に運転中に事故を起こして誰かに怪我をさせてしまった場合や、物を壊してしまった場合などに、その損害を補償するためのものです。これが対人、対物補償と呼ばれるもので、どの自動車保険に加入してもついています。メインの補償であり、対人や対物補償に加入せず、車両保険だけに入る、といったことはできません。対人、対物は基本的に被害者が出た事故で支払われますが、怪我をさせた相手が運転者の家族であったり、壊した物が運転者自身の家であったりすると、対象外になる場合もあります。
無保険者傷害は、事故で怪我や死亡した際に、加害者である相手側が任意保険に加入しておらず、且つ損害賠償能力もない場合に支払われる保険です。
搭乗者傷害と人身傷害はよく似ていますが、少し違います。搭乗者傷害は怪我の程度によって保険金が支払われますが、人身傷害は実損額で支払われます。

ページ上部へ戻る