地震保険の補償内容とその対象とは

Pocket

地震保険の保障内容

地震保険の補償内容は、地震を原因とした損害を補償してくれます。
対象となるのは地震や噴火、それに伴う津波によって受けた損壊・埋没・流失、地震や噴火、それに伴う津波で火災が発生した場合、火事が発生していて、その後地震などが起こり、延焼した場合にでも損害を補償してくれます。

地震保険の保障対象

「じゃあ、地震保険に加入していれば他の保険には加入しなくても大丈夫だ」というわけにはいきません。
火災保険は落雷、破裂・爆発、雪災、水災、盗難など住宅や家財の損害を補償してくれるものですが、地震による被害は対象外となっています。
また、地震保険はあくまで地震や噴火、それに伴う津波で被害が起きた場合にのみ補償されるもので、地震などが原因ではない火災の場合の被害は補償されていません。加入の際にも地震保険単体では加入できず、火災保険とセットでの加入しかできないことになっているため、二つの保険を同じ保険会社から加入する必要があります。保障内容についても住居と家財に限定されていて、工場や事務所など生活に関係のない場所は対象外です。さらに30万円を超える骨とう品や宝石、貴金属類も補償の対象外となっています。また、建物は3000万円まで、家財は1000万円までの上限がそれぞれ設けられています。

ページ上部へ戻る